ニュース
2018年 10月の記事一覧
2018.10.31

「駿府本山秋のお茶まつりin紅葉山庭園」が開催されます!

「駿府本山秋のお茶まつりin紅葉山庭園」が開催されます!の画像

駿府城公園紅葉山庭園茶室にて静岡本山茶農家自慢のお茶を楽しいお話を聞きながら

茶室で味わえる“大茶会”が開催されます。

茶室では、産地ごとに茶席をもうけており、産地の様子や生産の背景など普段聞けないような

お話も生産者の方々から直接聞くことができますよ。

【日 時】平成30年11月3日(土・祝)、11月4日(日)

午前10時~午後4時(受付は午後3時30分まで)

※雨天決行。荒天の場合、中止の可能性があります。

【会 場】駿府城公園紅葉山庭園 茶室「雲海」

【参加費】一席300円(お菓子付き)

【茶 室】3日:玉川、大原、本山、大河内、松野、清沢

4日:水見色、俵峰、本山、西又、新間、楢尾

【茶室入口外テント】

・抹茶挽き体験・・・抹茶を自分で点てていただけます。

・手揉み茶体験・・・手揉みの体験と手揉みのお茶も試飲できます。

同日、駿府城公園では「大道芸ワールドカップin静岡2018」が開催されています。

大道芸で笑ったあとは、お茶で「ほっ」としてみませんか?

ぜひお越しください♪

駿府本山秋のお茶まつりチラシ

 

 

 

2018.10.30

11月1日は静岡市お茶の日です!

11月1日は静岡市お茶の日です!の画像

静岡市では、「静岡市めざせ茶どころ日本一条例」に基づき、

葵区栃沢出身の「静岡茶の祖」と言われる聖一国師(しょういちこくし)の生誕の日であるとともに、

新茶の時期だけでなく一年を通してお茶に親しんで欲しいとの願いを込め、

11月1日を静岡市「お茶の日」として定めています。

(静岡市お茶の日の詳細についてはこちら(お茶の日チラシ PDF版:2.5MB)をご覧ください。)

 

今年の11月1日(木)は、静岡市お茶の日を記念して、

静岡市役所静岡庁舎(葵区役所)、静岡市役所清水庁舎(清水区役所)、駿河区役所の各1階ロビーにて、

午後1時から静岡市茶っきり娘による呈茶を行います。

数量限定ですが、静岡市茶業振興協議会製作の一煎パックをプレゼント致します。

 

 

また、お茶農家さん・お茶屋さんで毎月実施している「お茶に親しむ日」の協賛イベントも、

同日に開催されます。

詳しくはこちらの協賛店一覧をご覧ください。⇒お茶に親しむ日 協賛店一覧

 

11月1日は「静岡市お茶の日」。 ぜひ、覚えて下さい!

2018.10.16

第36回駿府本山お茶壺道中行列・口切りの儀が開催されます!

第36回駿府本山お茶壺道中行列・口切りの儀が開催されます!の画像

去る5月下旬にJR静岡駅北口地下イベント広場にて「茶詰めの儀」が行われたこと、

皆さん覚えていらっしゃいますか?

その茶壺は夏の間、冷涼な井川のお茶蔵で保管され、秋の訪れとともに“熟成茶”となって、

お茶蔵から家康公の眠る久能山東照宮へ運ばれて、その封印を解かれます。

【日時】

平成30年10月28日(日)

(1)蔵出しの儀・安全祈願式/8:00~8:30/井川大日峠「お茶蔵」

(2)お茶壺道中行列/10:00~正午/静岡茶市場~駿府城公園

(3)献茶奉告祭・口切りの儀/14:00~15:00/久能山東照宮拝殿

※雨天の場合、お茶壺道中行列のみ中止。

 

★お茶壺道中行列ルート★

静岡茶市場(出発!)→茶町通り→本通→青葉シンボルロードB1(静岡本山茶を呈茶します!)

→江川町交差点→東御門(駿府城入場!)→駿府城公園東御門前広場(中締め式)

それから・・・一行は久能山東照宮へ移動します!

★久能山東照宮では・・・★

午後2時より久能山東照宮拝殿にて厳かな雰囲気の中、いよいよ口切りの儀が執り行われます。

儀式終了後の午後3時から拝殿前にて解禁されたての家康公も味わった“熟成茶”が振る舞われます!

今年度も、時代衣装に身をまとった豪華絢爛の一行が大名行列さながら静岡市街地を

練り歩きます!

家康公の愛した静岡本山茶へのこだわりを今に伝える歴史・文化を再現する静岡ならではの儀式。

どうぞお楽しみに!

駿府本山お茶壺道中口切りの儀 チラシ

2018.10.15

「高嶺の香味わう」が開催されます!

「高嶺の香味わう」が開催されます!の画像

清水森林公園「やすらぎの森」で、静岡茶市場の初取引において88,800円で取引された幻のお茶「高嶺の香」を味わうイベントが開催されます。

 

日時:平成30年10月28日(日)10:00~14:00(雨天決行)

会場:やすらぎの森 多目的広場(静岡市清水区西里1449)

内容:「高嶺の香」の無料試飲(数に限りがあります)

「高嶺の香」をはじめ、両河内で作られたお茶の販売 など

 

両河内の貴重なお茶が味わえるチャンスです。

ぜひ、ご参加ください。