ニュース
2018.05.22

【5月26日(土)第36回駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀】が開催されます!

【5月26日(土)第36回駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀】が開催されます!の画像

「山のお茶は、貯蔵しておくと香・味がより深まる」

と言われています。

 

「江戸時代、駿府城に居城した大御所家康公は、

春(新茶の時期)、茶壺にお茶を詰め、

夏の間、標高1000メートルを超える冷涼な井川大日峠に設けたお茶壺屋敷で保管・熟成させ、

晩秋に駿府へ運ばせ、味わい深い風味と香りを楽しんだ」

と言われており、駿府本山お茶まつり委員会では、この故事にならって5月から半年にわたり一連イベントを開催しています。

一連イベントの最初となる今回は、

「茶詰めの儀」(新茶「静岡本山茶」を茶壺に入れ封印する儀式)

を執り行うほか、家康公も味わった「熟成本山茶」・「静岡本山茶」の新茶を呈茶いたします!

是非お立ち寄りください。