ニュース
2018.06.25

お茶の美味しい入れ方教室がスタートしました

お茶の美味しい入れ方教室がスタートしましたの画像

静岡市では、市内の小学校にて「お茶の美味しい入れ方教室」を実施しております。

2002年から実施している同教室が、今年もスタートしました。

 

教室の開催に先立ち、静岡市茶業振興協議会・鈴木会長より、

「一煎パック」の贈呈式が市立川原小で行われました。

(一煎パックを贈呈する静岡市茶業振興協議会・鈴木会長)

 

「お茶の美味しい入れ方教室」では、

日本茶インストラクターから静岡市のお茶の歴史やお茶の種類について学んだ後、

急須を使ったお茶の入れ方に挑戦しました。

(浅蒸し/深蒸し、紅茶など、茶葉の違いを学ぶ井川小中学校の生徒さん)

 

1煎目は湯冷ましを使って低い温度で長めに抽出、

2煎目、3煎目は1煎目より高めの温度で急須にお湯を注ぎ、

お湯の温度によるお茶の味の違いを学びました。

(湯冷ましを丁寧に扱っています)

 

(お湯の温度を下げるとお茶ってこんなに甘い味になるんだ!という声もチラホラ)

贈呈された一煎パックは各家庭に持ち帰り、

授業で学んだお茶の入れ方を活かして、ご家族においしいお茶を振る舞います。

 

「お茶の美味しい入れ方教室」は、

今年度、市内の小学校80校、5~6年生計約5800人を対象に実施していきます。