ニュース
2017.11.27

毎月1日は「お茶に親しむ日」です!

毎月1日は「お茶に親しむ日」です!の画像

静岡市茶業振興協議会では毎月1日を「お茶に親しむ日」と定め、協賛店の協力を得て皆さんにお茶に親しんでいただく機会をご提供しています。 お茶に親しむ日には、協賛店で素敵な特典を準備しています。この機会にお茶農家さん、お茶屋さんを巡り、お茶に親しみ、ほっと一息してみませんか?

なお、協賛店により実施日が異なりますのでご注意ください!

詳しくはこちらのチラシをご覧ください。お茶に親しむ日 チラシ(1.47MB)

※静岡市茶業振興協議会は「静岡茶商工業協同組合」、「JA静岡市」、「JAしみず」、「静岡市」で構成されています。

2017.11.27

市内茶業者が「ふじのくに食の都づくり貢献賞」を受賞!

市内茶業者が「ふじのくに食の都づくり貢献賞」を受賞!の画像

 

静岡県の食文化に貢献するなど、模範的な活動を行っている企業・団体に贈られる「ふじのくに食の都づくり貢献賞」の授賞式が、11月20日(月)ホテルアソシア静岡で行われました。

本市の茶業界では、荒茶工場内の事務所を改装してお茶カフェを営業している“有限会社グリーンエイト”が、両河内産の緑茶や和紅茶の提供で、静岡市のお茶のファンを増やし新たな市場開拓に取組んでいることから、川勝知事から表彰されました。

(有)グリーンエイト 代表取締役 北條広樹氏

 また、ふじのくに新商品セレクションとして、株式会社白形傳四郎商店の「茶ノ実油」が金賞を受賞しました。

2017.11.15

「静岡市茶っきり娘」大募集!!

「静岡市茶っきり娘」大募集!!の画像

 「静岡市のお茶」、「お茶のまち静岡市」の宣伝・PR事業に2年間活動していただける

茶娘さんを募集します。

お茶が好きな方はもちろん、お茶のことをよく知らない方もOK!

静岡市茶っきり娘として、一緒に「お茶のまち静岡市」を盛り上げていきましょう!


ご応募お待ちしております!

★ 主催
  静岡市茶業振興協議会
(静岡市農業協同組合、清水農業協同組合、静岡茶商工業協同組合、静岡市で構成)

★ 仕事内容
 静岡市茶業振興協議会や構成団体(静岡市農業協同組合、清水農業協同組合、静岡茶商工業協同組合、静岡市)が主催するお茶関連イベントなどでお茶のPR、パンフレットの配布、呈茶サービスなどに年10回程度の従事をしていただきます。(平日や土日のイベント日の中で、ご都合のつく日に従事して頂きます)

★ 応募資格
(1)静岡市内に在住又は通勤・通学する18歳以上の女性(未婚、既婚は問いません)
(2)平成30年4月1日に高校生でない方
(3)茶っきり娘として2年間(平成30年4月1日~平成32年3月31日)従事できる方

★ 応募方法
 応募用紙に必要事項を記入の上、写真(6カ月以内に本人のみ撮影したもの)を添付して下記応募先へ郵送または持参ください。
※書類・写真は返却しません。

 茶っきり娘 応募用紙(excel)
 茶っきり娘 応募用紙(PDF)

★ 募集人数
 10名程度

★ 応募締切
 平成30年1月12日(金)必着

★ 応募先・問合せ先
静岡市茶業振興協議会「茶っきり娘」係
〒422-8506  静岡市駿河区曲金5-4-70
静岡市農協 営農課内
TEL:054-288-8440

2017.11.06

平成29年度静岡市「お茶の日」ポスターコンテスト 入賞作品決定!

平成29年度静岡市「お茶の日」ポスターコンテスト 入賞作品決定!の画像

静岡市では、静岡のお茶に親しみ、静岡のお茶の伝統、文化、産業等についての理解を深め、その魅力を国内外へ発信していくため、静岡市めざせ茶どころ日本一条例第9条に基づき、静岡茶の祖と言われる聖一国師の生誕の日である11月1日を、静岡市「お茶の日」として制定しました。

静岡市「お茶の日」や「静岡市のお茶」のことを知り親しむ機会を創出し、静岡市「お茶の日」等に関する情報・魅力を広く発信していくことを目的に、当ポスターコンテストを実施しました。

 ≪応募点数≫

・小学生部門:30点

・中学生部門:23点

 

 ≪審査結果≫

 

≪入賞作品展示情報≫

入賞作品の展示は、次のとおり予定しています。
この機会にぜひ各作品をご鑑賞ください。
※ 展示予定は、随時追加・変更となる可能性があります。

・静岡市役所清水庁舎1階フロアスペース

平成29年12月18日(月) 11:00 ~ 平成30年1月12日(金) 15:00

・静岡市役所静岡庁舎1階フロアスペース

平成30年1月15日(月) 11:00 ~ 平成30年1月26日(金) 15:00

2017.11.13

スペイン王室へ「家康公ゆかりの「熟成本山茶」を献上!

スペイン王室へ「家康公ゆかりの「熟成本山茶」を献上!の画像

静岡市(小長谷副市長)と駿府本山お茶まつり委員会(会長 JA静岡市代表理事常務 鈴木清貴氏)は、11月9日(木)、東京都港区にあるスペイン大使館のデ・ベニート駐日大使を訪れ、「熟成本山茶」のスペイン国王への献上を託しました。

スペインと日本は、今から約400年前、難破したスペイン船を家康公が救助したことをきっかけに洋時計の物語が始まり、本市では、今年4月、天皇皇后陛下のご案内のもと、スペイン国王王妃両陛下にお越しいただきました。

本日お届けしたお茶は、夏の間、井川の高冷地で保管し、久能山東照宮に奉納した家康公にゆかりのある「熟成本山茶」です。

これからもスペインと日本の友好が続いていくこと期待します。

2017.10.28

10月29日開催予定「第6回静岡市お茶まつり」の開催中止について

10月29日開催予定「第6回静岡市お茶まつり」の開催中止についての画像

10月29日開催予定「第6回静岡市お茶まつり」については台風第22号の影響により開催中止となりました。

台風の進路変更などにより天候が回復した場合でも、開催の予定はございません
何卒、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2017.07.25

静岡市初「静岡市お茶大使」が誕生しました!

静岡市初「静岡市お茶大使」が誕生しました!の画像

皆さん、ダニエレ・マッサーロさんをご存知ですか?

サッカーの元イタリア代表選手で、清水エスパルスにも所属(1995年~1996年)されていた方です。

平成27年から「静岡市のお茶」プロモーション事業を行っているイタリア・ミラノ市と静岡市、両市につながりが深いマッサーロさんを、静岡市で初めての「お茶大使」に任命しました。

平成29年7月6日、日本平ホテルにおいて開催した式典では、「静岡市お茶大使」委嘱式のほか、イタリア国内で活躍されている大手新聞社(Corriere della Serra)文化担当記者とレストランオーナーを交えた交流会も行い、今後「静岡市のお茶」を世界に向けて強力に発信するための絆を深めました。

 

マッサーロさんは現在イタリアのミラノ市で生活されていますが、大のお茶ファンで、普段から「静岡市のお茶」を愛飲されているそうです。「静岡市お茶大使」のマッサーロさんには、イタリアから世界に向けて「静岡市のお茶」「お茶のまち静岡市」をPRしていただきます。

 

委嘱状交付と記念品贈呈

委嘱状交付と記念品贈呈

 

イタリア国内でご活躍されている新聞記者・レストランオーナーへ記念品の贈呈

イタリア国内でご活躍されている新聞記者・レストランオーナーへ記念品の贈呈

 

清水エスパルスOB選手との思い出話

清水エスパルスOB選手との思い出話

 

2017.06.26

茶畑レポート①

茶畑レポート①の画像

静岡茶市場の新茶初取引で38年連続最高値(機械製茶)がつくお茶を皆さんご存知ですか?

そのお茶の名前は“高嶺の香”(たかねのはな)

 

来年の新茶時期に向けての準備はもう始まっています!

今年度、皆さんに「高嶺の香」の1年を通して生産現場の状況を伝えていきたいと思います!

 

5月25日

この日行われたのは、剪枝の作業。

①

②二人がかりで片側ずつ刈り取っていきます。

③ ④

3回刈取りをして、ほとんど刈取られてしまいました。

⑤

ここから、来年の新茶になる、新しい枝が伸びてきます。

「ほとんどなくなってしまった!」と不安になりましたが、

1年たつと元の高さまで伸びていくそうです。

 

これから1年間、どう変化していくか楽しみですね!

2017.06.15

平成29年度 静岡市「お茶の日」ポスターコンテスト 作品を募集します!

平成29年度 静岡市「お茶の日」ポスターコンテスト 作品を募集します!の画像

静岡市では、静岡のお茶に親しみ、静岡のお茶の伝統、文化、産業等についての理解を深め、その魅力を国内外へ発信していくため、静岡市めざせ茶どころ日本一条例第9条に基づき、静岡茶の祖と言われる聖一国師の生誕の日である11月1日を、静岡市「お茶の日」として制定しました。
静岡市「お茶の日」や「静岡市のお茶」のことを知り親しむ機会を創出し、静岡市「お茶の日」等に関する情報・魅力を広く発信していくことを目的に、当ポスターコンテストを実施します。

募集テーマ等、詳細については下記または募集要領をご覧ください。

募集要領(PDF:96KB)

 

※カバー写真:平成27年度 静岡市「お茶の日」ポスターコンテスト 小学生以下部門 最優秀賞作品

 

 

2017.06.14

お茶壺の山上げに同行しました!

お茶壺の山上げに同行しました!の画像

5月27日(土)に開催された「第35回駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀」でお茶を詰めたお茶壺を井川のお茶蔵へ貯蔵するということで、同行させていただきました。

お茶蔵は井川大日峠(標高約1200m)のピクニック広場にあり、空気が冷たくひんやりと感じました。

これから約5か月間、この冷涼な井川の地でお茶が熟成されます。熟成茶は味と香りがまろやかになると言われており、徳川家康公も好んだと伝えられています。

 

10月22日(日)開催の「第35回駿府本山お茶壺道中行列・口切りの儀」が今から楽しみですね!

① (1) ② (1) ③ (1)

1 2 3 4 5 6 8