お茶の品種改良に心血を注いだ
杉山彦三郎

普段、家で飲んでいるお茶。皆さんはそのお茶の種類が何か知っていますか?
それは、おそらく“やぶきた”という種類のお茶でしょう。

“やぶきた”は静岡市出身の杉山彦三郎によって発見・育成された日本茶を代表する偉大な品種です。

彦三郎は、まだ「品種」という考えがない頃から良いお茶の種類を求めて全国を回り、これはと思ったお茶を自ら開墾した畑に植え、試行錯誤しながら新しい品種の選抜に努めました。

ph01_story05

杉山彦三郎記念茶畑
ph02_story05

そして、1908年(明治41)、現在の静岡県立美術館芝生広場付近の竹やぶを開墾した畑の北側から“やぶきた”を発見しました。“やぶきた”という名前は、これに由来していると言われています。

ph03_story05
杉山彦三郎(1857~1941)
旧安倍郡有度村(現在の静岡市駿河区中吉田)の造り酒屋に生まれる。若い頃より独学で茶栽培を始め、後に日本茶の偉大な品種となる“やぶきた”を発見し、生涯をお茶の品種改良と普及に尽力した。