차의 마을 시즈오카시
이 페이지는 기계번역을 이용해 번역되었습니다. 번역결과가 100% 정확하지 않는 점 양해 부탁드립니다.

뉴스/이벤트

2018.06.25

녹차 맛 넣는 방법 교실이 시작 했습니다

녹차 맛 넣는 방법 교실이 시작 하였다 그림

静岡市では、市内の小学校にて「お茶の美味しい入れ方教室」を実施しております。

2002年から実施している同教室が、今年もスタートしました。

教室の開催に先立ち、静岡市茶業振興協議会・鈴木会長より、

「一煎パック」の贈呈式が市立川原小で行われました。

(전 煎 팩을 증정 하는 시즈오카 차 산업 진흥 협의회 스즈키 회장)

「お茶の美味しい入れ方教室」では、

日本茶インストラクターから静岡市のお茶の歴史やお茶の種類について学んだ後、

急須を使ったお茶の入れ方に挑戦しました。

(浅蒸し/深蒸し、紅茶など、茶葉の違いを学ぶ井川小中学校の生徒さん)

1煎目は湯冷ましを使って低い温度で長めに抽出、

2煎目、3煎目は1煎目より高めの温度で急須にお湯を注ぎ、

お湯の温度によるお茶の味の違いを学びました。

(후 식힌를 정중 하 게 다루고 있습니다)

(온수의 온도를 낮추면 차 라고 이런 달콤한 맛! 라는 소리도 チラホラ)

贈呈された一煎パックは各家庭に持ち帰り、

授業で学んだお茶の入れ方を活かして、ご家族においしいお茶を振る舞います。

「お茶の美味しい入れ方教室」は、

今年度、市内の小学校80校、5~6年生計約5800人を対象に実施していきます。