靜岡茶市
這個網頁是被機器進行翻譯的。翻譯結果不可能100%正確。望您多理解而利用

它被傳遞到現代,
茶家康由香

靜岡市,德川家康誰開的江戶幕府在1603年也被稱為誰度過晚年的土地。 1607年,IeyasuKo成為唯一的退休生活進入一個城堡駿府城,此後,享受茶道。

家康公は安倍奥の井川大日峠にお茶壺屋敷(お茶蔵)を設け、「御用茶」として献上された安倍茶(後に「本山茶」と呼ばれる)を名器の茶壺に詰めて、風味が損なわれないよう保管を命じました。家康公は、標高1200mの冷涼な環境にあるお茶蔵で夏の暑さから守られたお茶を秋の頃に駿府城に運ばせ、味わい深い風味を楽しんだと言われています。

ph01_story02

現代的恢復“茶倉”
ph02_story02

茶壺鋪

在靜岡縣,每年都按照這個故事,並舉行了一系列活動,過了半年。
5月の「茶詰めの儀」で茶壺にお茶を詰め、冷涼な井川大日峠、お茶壺屋敷跡付近に復元された「お茶蔵」で、夏の間保管・熟成させ、10月下旬に「蔵出しの儀」で茶壺を取り出し、その茶壺を「お茶壺道中行列」で井川から駿府城公園等市内を経て久能山東照宮へ運び、「口切りの儀」でお茶を取り出し奉納します。

ph03_story02
徳川家康(1542~1616)
豐臣秀吉死後,它被平定戰國的世界裡,開江戶幕府,成為將軍於1603年。度過了他的童年作為人質的今川在Sumpu(目前靜岡市),晚年要進入城堡駿府城作為一個大人物。
靜岡縣茶話頂