お茶のまち静岡市
茶農家やまき

白鳥 勝之さん

地元「玉川」の、かけがえのないお茶を丹精込めて作っています。

静岡市の北部、安倍川支流域の葵区玉川。ここでお茶を作っているのは、茶農家やまき園主の白鳥勝之さん。「ほんの少しでも去年より良いものを作ることを目指しています。本当に難しいことなんですけど。」そう語り、一歩一歩努力を重ねられています。

勝之さんのお茶は、萎凋(いちょう)したお茶を中蒸しで仕立てるのが特徴。萎凋とは、摘んだお茶を適切な環境下で管理して葉の水分を蒸発させる工程。本来は紅茶や烏龍茶を作る過程で行うもので、緑茶の場合は市場での評価が低くなるのだとか。ただ、萎凋したお茶から出る“萎凋香”は花のような独特の香りで、勝之さんはこの香りにこだわっているとのこと。

地元玉川と人、人と人をつなぐモノを作りたいという思いから、商品ブランド「玉川四季物語」を立ち上げ、令和3年2月現在、春・夏の2種類が商品化されています。今後、秋・冬の商品化も予定されており、今から楽しみですね。

茶農家やまき
住所
葵区長妻田73
TEL
090-7619-1302

匠からのメッセージ

匠おすすめの商品

商品の金額は市場価格の変動によって予告なく変更になる場合がございます。全て税込表記です。

玉川四季物語 夏

種別煎茶(ティーバッグ)
品種やぶきた
25個入 ¥1,000
冷茶で飲むのがおすすめ。水色は薄い緑色ですが味は旨みがよく出ています。この冷茶を飲むと、もう市販のものは飲めないという嬉しい言葉をいただいたことも。ほのかに渋みもあり、さっぱりした後味。非常に飲みやすく、お子さんのいる家庭にもおすすめです。

玉川四季物語 春

種別煎茶(中蒸し)
品種やぶきた
100g ¥700
中蒸しにより透き通った緑のきれいな水色が出ます。味が濃く、旨みもよく出ています。香りは萎凋することにより昔の「山のお茶の香り」が出ています。ほのかにフルーティーさも感じられる良い香りがします。

商品を購入するには

以下の方法でお買い求めいただけます。
インターネットで注文
お電話で注文
090-7619-1302