ニュース
2017.06.26

茶畑レポート①

茶畑レポート①の画像

静岡茶市場の新茶初取引で38年連続最高値(機械製茶)がつくお茶を皆さんご存知ですか?

そのお茶の名前は“高嶺の香”(たかねのはな)

 

来年の新茶時期に向けての準備はもう始まっています!

今年度、皆さんに「高嶺の香」の1年を通して生産現場の状況を伝えていきたいと思います!

 

5月25日

この日行われたのは、剪枝の作業。

①

②二人がかりで片側ずつ刈り取っていきます。

③ ④

3回刈取りをして、ほとんど刈取られてしまいました。

⑤

ここから、来年の新茶になる、新しい枝が伸びてきます。

「ほとんどなくなってしまった!」と不安になりましたが、

1年たつと元の高さまで伸びていくそうです。

 

これから1年間、どう変化していくか楽しみですね!

2017.06.14

お茶壺の山上げに同行しました!

お茶壺の山上げに同行しました!の画像

5月27日(土)に開催された「第35回駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀」でお茶を詰めたお茶壺を井川のお茶蔵へ貯蔵するということで、同行させていただきました。

お茶蔵は井川大日峠(標高約1200m)のピクニック広場にあり、空気が冷たくひんやりと感じました。

これから約5か月間、この冷涼な井川の地でお茶が熟成されます。熟成茶は味と香りがまろやかになると言われており、徳川家康公も好んだと伝えられています。

 

10月22日(日)開催の「第35回駿府本山お茶壺道中行列・口切りの儀」が今から楽しみですね!

① (1) ② (1) ③ (1)

2017.06.02

「第35回駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀」を開催しました。

「第35回駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀」を開催しました。の画像

先日5/27(土)JR静岡駅北口地下広場イベントスペースにて「第35回駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀」を開催しました。

 

午前の部は多くの報道関係者がカメラを構え、家康公の歴史を今に伝え続けている茶壺や籠が放つ重厚感、存在感から、午後の部も多くの方が足を止め、会場は人々でひしめき合いました。

 

煎茶道静山流 横山先生の監督のもと、伝統を今に伝える新しい茶師が真剣な面持ちで、一挙一動、慎重に丁寧に茶壺へ茶葉を詰めていく様は、例年以上の厳かな雰囲気を醸し出し、観客の方々はかたずを飲んで見守っていました。

 

儀式終了後の本山茶の「新茶の冷茶」、「熟成茶の温茶」も大好評でした。

「ああ美味しい!」「家で飲んでいる味と全然違う」「熟成茶を飲んだのは初めて。こんな味わい方があったのか」と満足のお声が数多くあがりました。

 

さわやかな新茶の次は、まろやかな熟成茶。

こんな楽しみ方ができるのも、歴史と「山のお茶」を持つ静岡市ならでは。

 

【10月22日(日)第35回駿府本山お茶壺道中行列・口切りの儀】が一番のクライマックス!

ご期待ください。

茶を注ぐ

和紙に茶を詰める

 

熟成茶1

 

多くの人

2017.05.24

【5月27日(土)第35回 駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀】が開催されます!

【5月27日(土)第35回 駿府本山お茶壺道中行列・茶詰めの儀】が開催されます!の画像

「山のお茶は、貯蔵しておくと香・味がより深まる」

と言われています。

 

「江戸時代、駿府城に居城した大御所家康公は、

春(新茶の時期)、茶壺にお茶を詰め、

夏の間、標高1000mを超える冷涼な井川大日峠に設けたお茶壺屋敷で保管・熟成させ、

晩秋に駿府へ運ばせ、味わい深い風味と香りを楽しんだ」

と言われており、駿府本山お茶まつり委員会では、この故事にならって5月から半年にわたり一連イベントを開催しています。

IMG_3708

一連イベントの最初となる今回は、

「茶詰めの儀」(新茶「静岡本山茶」を茶壺に入れ封印する儀式)

を執り行うほか、家康公も味わった「熟成本山茶」・「静岡本山茶」の新茶を呈茶いたします!

――家康公の静岡茶へのこだわりを今に伝える、

歴史・文化・茶のすべてが集約された、静岡ならではの儀式――

是非お立ち寄りください。

 

2017.05.24

お茶摘み体験に参加しました。

お茶摘み体験に参加しました。の画像

5月14日(日)に玉川地区でボーイスカウト静岡27団さんのお茶摘み体験に同行しました!

これは昨年度静岡市お茶の学校の受講生が企画したものです。

 

当日はビーバースカウト・カブスカウトの皆さんが、茶摘み・工場見学に参加しました。

 

茶摘みでは、「一芯二葉」に注意して全員で茶摘みを行いました。

茶畑にいる虫や周りと様子が違う葉があるとすぐに見つける子供たち。

茶摘み中、あちらこちらから終始「楽しい♪」と聞こえてきてうれしくなりました。

工場見学では自分たちで摘んだ茶葉の量にびっくり!

でも、隣の機械刈りの茶葉の量にもっとびっくりしていました。

 

お昼には摘みたての「茶葉の天ぷら」も!

この時期にしか食べることのできない旬の味、大人気でした!

 

当日全員で力を合わせて摘んだ茶葉は約7kg

新茶時期にこの体験ができるのもお茶どころならではですね!

 

2017.05.02

5月2日は八十八夜!~美味しい静岡市のお茶で癒しのひと時を~

5月2日は八十八夜!~美味しい静岡市のお茶で癒しのひと時を~の画像

立春から88日目にあたる本日5月2日は「八十八夜」です。

新茶の最盛期といわれる「八十八夜」ですが、静岡市で多く生産されている山間部のお茶は、八十八夜以降に最盛期を迎えます。

山間部のお茶は味わいはもちろん、その「香り」の良さに大きな特徴があります。

 

これからの季節、美味しい静岡市のお茶を入れながらゆったり時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

「お茶の楽しみ方」ページでは、美味しいお茶の入れ方を動画で紹介しています!

http://www.ochanomachi-shizuokashi.jp/knowledge/howto/

 

また、ゴールデンウィークには“お茶”を楽しむイベントがいっぱい!!

是非、ご参加ください!

http://www.ochanomachi-shizuokashi.jp/recommends/ (イチ推しガイド)

2017.05.19

平成30年度[静岡市お茶の学校 

平成30年度[静岡市お茶の学校 の画像

「静岡シチズンカレッジ こ・こ・に」 専門課程

「静岡市お茶の学校」受講生を再募集します!!

5月29日(月)必着締切です!皆様のご応募お待ちしております!

 

「静岡市お茶の学校」とは…

「静岡市のお茶」の市民サポーター育成を目的に、お茶に関連した様々な分野を学ぶ年8回の講座です。

お茶の歴史から、お茶摘み体験を通した生産~製造、茶業の未来を考えるマーケティングなど、お茶を様々な角度から学び、「お茶のまち静岡市」をコーディネートする一員になってみませんか?

詳しくは下記のチラシ・応募申込書をご覧ください!

【募集チラシ・応募申込書はこちら】

平成29年度 静岡市お茶の学校 再募集チラシ (PDF:226KB)

平成29年度 静岡市お茶の学校 応募申込書  (PDF:127KB)

修了すると「静岡シチズンカレッジ こ・こ・に」の「こ・こ・にポイント」が2ポイント★★取得できます。

※「静岡シチズンカレッジ こ・こ・に」の詳細はこちらをご覧ください(静岡市HP)

 

 

2017.02.28

二宮金次郎と「お茶のまち静岡市」― 茶栽培の普及を後押しした教えは今も引き継がれています。

二宮金次郎と「お茶のまち静岡市」― 茶栽培の普及を後押しした教えは今も引き継がれています。の画像

 皆さんが学ばれた小学校にも、本を片手に薪を背負った二宮金次郎(尊徳)の像があったのではないでしょうか? 今日は、その金次郎と「お茶のまち静岡市」との縁(えにし)のお話です。

 明治初期まで静岡市の中山間地域を支えてきた「ドクエ」(毒荏、油桐)や、日本初の実業補習学校「杉山青年報徳学舎」(通称、杉山青年夜学校、のちの杉山農業補習学校)のことは、前にも紹介してきたところですが、今回は、それらに深い関わりがあり、地域の復興を支えてきた二宮金次郎が唱えた「報徳思想」との関わりについてご紹介させていただきます。

舞台は、「杉山青年夜学校」のある清水区杉山。地元の名主・片平信明翁は、江戸末期の開国後大暴落した「ドクエ油」に替わる換金作物としてお茶を村人に奨励しますが、幾度と壁にぶつかります。明治9年10月、その普及に苦悩する中で出会ったのが、金次郎の弟子にあたる福住正兄(ふくずみ まさえ)が書いた「富国捷径」(ふこくしょうけい)という書物です。この中に記された報徳の教えに感銘を受けた片平翁は、そのわずか2か月後に同志44人で「杉山報徳社」を結成します。

杉山報徳社は、まだ明治政府により学制(明治5年8月から)が発布される前の明治2年から片平翁が始めた「夜学」を強化し、明治11年に「杉山青年報徳学舎」を設立、以後、「貧乏の代名詞」とまで言われた山村を、経済と道徳の融和を基本とする報徳思想を柱に、若者の教育とお茶とミカンの導入による経済活性化を通じ、見事によみがえらせました。

杉山報徳社は、村の復興に向け、青年教育、報徳思想の啓発、資金の蓄積、社会貢献事業などに取り組み、その村民への重要な啓発の場となったのが、毎月社員(村民)を集め開催されていた「常会」と言われています。「常会」では地元杉山だけでなく、庵原地区からもリーダーを招へいし、報徳や経済(農業だけでなく商工業を含む)に関する熱弁が振るわれたそうです。

明治20年代、小さな山村で「実業家の本分」として、“需要者の満足を得ることに力を入れることにより販路を拡張する”“相互の利益を図る”などの趣旨が語られていたというのには驚かされます。

杉山地区では、今でも毎月20日に「常会」が開催され冒頭、全員で「報徳訓」が唱和されています。

「父母の根源は天地の令命にあり 身体の根源は父母の・・・」

 

数は少なくなりましたが、庵原地区ではこのように毎月報徳訓が唱和され、その精神が受け継がれている地区があります。

お茶の生産が置かれた現状は、本当に難しい時代になったと思いますが、そういう今だからこそ、もう一度先人たちが歩んだ道を振り返る価値があるのかもしれません。

杉山夜学校前の二宮金次郎像

杉山夜学校前の二宮金次郎像

杉山報徳社

杉山報徳社

杉山報徳社に掲げられている報徳訓

杉山報徳社に掲げられている報徳訓

 

2017.02.17

「T-1グランプリin静岡市」が開催されました!!

「T-1グランプリin静岡市」が開催されました!!の画像

去る2/11(土・祝)に、市内の小学3~6年生を対象とした「T-1グランプリin静岡市」が開催されました。

会場:JA静岡市本店(静岡市駿河区曲金)

主催:静岡市茶業振興協議会

(JA静岡市、JAしみず、静岡茶商工業協同組合、静岡市)

協力:日本茶インストラクター協会静岡市支部

 

「T-1グランプリ」は、参加者が“お茶の〇×クイズ”、“お茶の種類あて”、“お茶の入れ方実技”の3種類の競技を行い、日本茶の「茶ンピオン」を決定するイベントです。

 

参加者65人の白熱した闘いの後、上位5人による決勝戦が行われました。

決勝戦を見事に制したのは、中田小学校4年生の滝澤理央さん!!

また、滝澤さんを含め上位5人の皆さんが入賞者として表彰されました。

 

第1位 T-1博士  滝澤理央さん(中田小4年)

第2位 T-1教授  稲富一心さん(西豊田小5年)

第3位 T-1准教授 海野心結さん(安倍口小6年)

第4位 T-1准教授 稲永壮汰さん(西豊田小6年)

第5位 T-1准教授 高橋ももさん(服織小6年)

 

皆さん、おめでとうございます!!

これからも、「静岡市のお茶」をはじめ日本茶にさらに慣れ親しんでくれることを願っています。

 

★茶レンジ①(〇×筆記クイズ)

保護者の皆さんや多くの関係者が見守る中でテストに集中

①②

★茶レンジ②(お茶の種類あて)

机上に並べられた10種類の茶葉を、見た目や香りから判断して、出題された8種類のお茶の種類を答えます。

皆さん、見た目や香りチェックに余念がありません。

③④

★茶レンジ③(お茶のいれ方実技)

お茶のいれ方を審査員が審査します。緊張感が漂います。

⑤⑥

★決勝戦

茶レンジ①②③を闘い、上位5人の茶レンジャーが決勝戦進出!!

審査員を前にお茶のいれ方実技を披露します。

1 2

★(番外編)チャレンジ300

ジャスト300gを狙って茶葉の袋詰めにチャレンジ!

ピッタリ賞が1人、ニアピン賞(誤差30g)が数人出ました!

34

★表彰式

滝澤さん、稲富さん、海野さん、稲永さん、高橋さん、おめでとうございます!!

56

★最後に記念撮影

78

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11